22センチドール、27センチドール、11センチドールのハンドメイドお洋服のお店です。
ねずみの仕立てやツイッター @mousedressmaker
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1214
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 61 次のページ»
2017年07月22日
昔々、子ねずみ妹がまだ、幼稚園児の頃。
電車の吊り広告を見て、
「あれに行きたい。」と言った子ねずみ妹。
それは、恐竜展。

幕張メッセだったと思いますが、
大きな展示場に、たくさんの恐竜の骨。
そして、実物大の模型。
それはそれは、壮大な展示だったのですが・・。

なぜか冴えない顔をする幼い子ねずみ妹。
あんまり大きすぎて、ピンと来ないのかな・・、
お腹がすいちゃったかな・・と
あれこれ思っていましたが、
出口から出たとたん、子ねずみ妹言いました。
「で、恐竜はどこなの?」
「恐竜一杯いたじゃん???」
「でも、みんな生きてなかったよ。本物はどこにいるの?」

生きている恐竜が、
動物園のように、いると思っていた様子。

夏休みになると、思い出すエピソードでした。
2017年07月21日
子ねずみ妹が欲しがっている本は、
「筋肉」「骨」の本。
なんでも人を描くのに、
筋肉や骨を知らないと描けないんだとか。

で、大きな本屋で探してみたら、
あるわあるわ。
筋肉、骨が美術と深ーくつながっていることを
実感したねずみであります。
中は、人体写真(裸体)と骨、筋肉の絵。
これじゃあ、まるで医学書だよ!
女性の裸も、何もかもあからさま。
情緒のかけらもない!
こんなのを、夢見る乙女の中学生女子に
見せていいのだろうか・・と悩むねずみをしり目に、
熱心に見つめる子ねずみ妹。
その目はもはや、まるで解剖学者。

帰って、思春期まっさかりの子ねずみ兄に
その本を見せたところ
「アハハハ。こりゃ、エロもなんもないね。
でも、肝心なとこはぼかしが入れてある~。」
と、なぜか大うけ。

子ねずみ妹の、今年の夏の自由研究は「骨」
・・・花の乙女とは程遠い子ねずみ妹であります。
2017年07月09日
昔はなかった可動式ボディ。
リカちゃんなどは、腕や膝が曲がりません。
幼少の頃、無理やりに曲げていたものです。
(リカちゃん、ゴメン)

が、アゾン社などから出ているボディは
関節がジョイントになっていて、
座ったり、手を曲げたりは自由自在。
可愛いポーズなどを
とれちゃうのであります。

最近、我が家に2体来たrurukoというドールは、
ピュアニーモXSという可動式ボディなのですが、
何が困るって靴を履かせるのが大変。
足首ぐにゃぐにゃの子どもに、
靴を履かせるのが大変なのと一緒です。
で、足首から先を取り外して履かせたのですが・・。
(見た感じは履いている感じ)

足首から先を戻すのが怖くて、怖くて。
こう見えて、ねずみは物を壊す天才。
若き頃より、どうしてかわからならないけれど、
物を良く壊します。
可愛いrurukoさんの足首を、ちゃんとはめられず
バリッと壊すのではないかと、ヒヤヒヤ。
結局、足首は戻せず、そのまま足先が転がっております。
・・・ホラーだ・・。

これ、もっと気軽に取り外し出来たらいいのになぁ・・
としみじみ思うねずみなのでした。
2017年07月07日
暑さのせいか、気だるい毎日。
子ねずみ達に
「なんだか、最近、身体がだるくて・・」と
こぼしたところ・・。

子ねずみ妹「思春期なんじゃないの?」
ねずみ「思春期?」
子ねずみ兄「それを言うなら更年期、だろ。」
子ねずみ妹「違うよ。更年期じゃないよ。
なんて言ったかな・・ええーっと、そうそう、倦怠期だよっ!」

・・・倦怠期?

子ねずみ妹「だるいんでしょ。だから、倦怠期だよ。」

子ねずみ兄、爆笑しながら言いました。
「パパとママは倦怠期じゃないと思うけどね。」

子ねずみ妹「パパは別に、だるくないから、
倦怠期じゃないかもしれないけど、ママは倦怠期!」

ええーっと。ええーっと。
ワタクシ、多分、更年期でございまして。
倦怠期ではない・・と思いたいですが、
どうでしょう?
2017年07月05日
子ねずみ妹。
最近、学校の課題や、学園祭の手伝いや、
学業が忙しく、
とにかく、大変そう。

学校からの帰り道に
「ご飯とお風呂、お願いします。」と
メールがあることが、このところ毎日。
このメールは、大変に忙しい印。
帰ってすぐ風呂に入り、
続いて急いでご飯を食べ、
後は休憩もとらずに、課題やレポートに取り組んでいます。

そんな毎日の上、就寝は午前様で
1時は回らないように注意していたのですが、
昨日あたりから、起きたら「吐き気がする」と言い出し、
これはもう、ノックダウン寸前。
今日は、無理やりに学校を休ませました。

これでは、モーレツサラリーマンだよ。
主人も忙しい会社員ですが、
それ以上に早く起きて学校に行き、
通勤電車に長い間揺られ、
家にも残業を持って帰り、ご飯もそこそこに取り組み、
そして深夜に就寝。
壊れないほうがおかしい。

若いうちは、頑張らせたほうがいいのかと、
悩むこともたびたびですが、
とにかく今日はマザーストップ。
ゆっくり寝なさいとの
ご命令を出したねずみなのでした。
2017年06月30日
広島に長くいたので、
ねずみにとって、
お好み焼きと言えば、広島風お好み焼き。

広島なら、どこにでもあるお好み焼き屋さん。
住宅街の角とか、路地の間とか。
のれんも何もなく、土間に鉄板があって、
そこで昼だけ営業しているところもありました。
本当に身近なソウルフードなんです。
仕事の合間に食べたり、
飲み帰りに食べたり、本当に良く食べました。

だもんで、
東京に来て、お好み焼き屋さんの少なさが、とても悲しく。
我が家で焼くことはあっても、
なかなかお店で広島お好み焼きを
食べることが出来ませんでした。

でも、昨日!
見つけたんです!
子ねずみ妹が、マニアックなCDを予約していて、
それを一緒に引き取りに行った帰り道。
場所は御茶ノ水。
道端に「オタフクソース」のノボリが立っているではありませんか!
お店をのぞいてみると、基本の肉玉そばが860円。
うんうん、良くある東京価格ではなく、しっかり広島価格。
ちゃーんと、鉄板の前に席があり、
へらがスタンバイ。
ああ、これは本当に広島のお好み焼きスタイル!

ということで、しっかり満喫して参りました。
私は鉄板からへらで、そのままいただく派。
娘は鉄板からお皿に少しずつとっていただく派。
どちらも手慣れたもんで、
店主の方から「きれいに召し上がりますね。
広島の方なんですか?」と聞かれました。
店主の方は広島市内ご出身なんだそうで。
まだお若い方でしたが、懐かしい話に花が咲きました。

今度は家族で行きますよ~。
久々にとてもとても嬉しかった発見なのでした。
2017年06月27日
子ねずみ兄は、幼い頃から、
すこし変わった子どもでした。
二つのことが一緒に出来ない、とか、
言葉の後ろを読むことが出来ない、とか、
耳が異常に良い、とか、
記憶力がとてもいい、とか。

子ねずみ妹がお友達から
「お兄ちゃんってどんな人?」と聞かれ
「うーん。側にいると大丈夫かなぁ?って
とても心配になるけれど、
人間としては、とても良い人だよ。」と
答えたとのこと。
まさに、その通り。

今、高校三年生になり、
母親のねずみとしては、
彼がどのような道を行こうとも、
彼自身が納得しているならばそれでいい、と思うけれど、
彼の思う道と、彼の出来る事とが
なかなかにうまく行かず、
葛藤したり、もがいていて、
「無理するな」とも言えず「無理しなさい」とも言えず、
黙ってみているしかなく。
親って辛い。

珍しく、今日はついに熱を出して休んだ子ねずみ兄。
目が覚めるまで寝かせておこうと思う
ねずみなのでした。
2017年06月23日
小林麻央さんが亡くなられたと報道がありました。
全然存じ上げない方ですが、
以前からブログを拝見しながら、
奇跡が起こりますように・・と祈っていました。

最後になってしまったブログの
最後の最後に
「皆様にも笑顔の出来事がありますように。」
と言ったような言葉が記されていたように思います。
強く優しい方でした。

まだまだお子様も小さく、
お母さんの温かさが必要なのに、本当に悲しいです。
どうぞ、天国で皆様をお守りください。
そして遺された家族の皆様に、
早く穏やかな日々が訪れますように。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2017年06月19日
リカちゃんキャッスルの出張イベント
「リカちゃんキャッスル(LC)」
ここは、私にとって何より幸せな場所でした。

たくさんのお客様と出会い、
素敵なスタッフの姿を拝見し、
素晴らしい作品を作るディーラーさんたちと
苦労話や、楽しいお話をさせていただき、
もう、待ち遠しくて仕方のない場所でした。

しかし、昨今のイベントの混雑ぶりに、
しばらく募集が中止となってしまいました。

今までの出会いに感謝をして、
皆様に心よりお礼を申し上げます。
また、キャッスルのスタッフの皆様にも、
心から感謝いたします。

今後は小さなハンドメイド市、
ドールショウなどで、お目にかかれれば、と思っておりますが、
今のところ、何も目途はたっておりません。
ただ、今後もこのショップだけは、
細々と続けていきたいと思っております。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
2017年06月15日
買い物帰りの、いつもの遊歩道。

カラスの甘えた「ギーギー」という鳴き声が聞こえたので、
そちらを見ると、
二羽の大きなカラスが、川の柵に止まっていました。
どちらも成鳥に見えましたが、
一羽が甘えて鳴きながら、大きな口を開けています。
と、もう一羽が、口からエサを与えました。

大きいのに、一羽は子ガラスなのね~。
子ガラスは嬉しそう。
親ガラスも、せっせとエサを与えています。

なんだか、子ねずみ兄みたいだな。
身体は大きいのに、まだまだ子ども。
いつも甘えて、中身はちっとも変わらない。

カラスも人間も案外同じ、と
ちょっと安心した午後でした。
2017年06月13日
子ねずみ兄の机を導入するために、
大幅な模様替えをして、
ほっと落ち着いたと思ったら。

今度は子ねずみ妹。
こちらは、PCの導入。
ずっと私のノートパソコン使って作画していましたが、
色味が不安定すぎてお話にならないようで、
家電大好きサラリーマンの連れねずみ(夫)が
ついに購入を決断。
またまた、机の搬入に、PC置き場に、
もっともっと大変な模様替えをすることに。

和室にギッシリ置いてあった子ども達の本を
全て入れ替え、カラーボックスも撤去。
要らない本も処分し・・・
身体、バキバキです。

とにかく、物って
常に取捨選択をしないと、
一度にやるのは大変なのね・・。
つくづくと日ごろの断捨離が大切なことを
実感したねずみなのでした。
2017年06月08日
子ねずみの兄の部屋作りだの、
子ねずみ妹の修学旅行準備だの、
バタバタと雑用に追われて、
なかなかドール服が縫えなかったのですが、
受注販売のご注文をいただいたのを機に、
やっとミシンを動かし始めました。

梅雨に入ったら
縫うぞ~と思っていた浴衣。
とてもとても久しぶりの浴衣。
早速に裁断し縫い始めたのですが・・・。

んんん?
帯・・こんなに難しかったかな?
手順は忘れていないのに、
なぜかうまくいきません。
マジックテープの位置と、帯飾りの位置、
少しずれても綺麗に見えない。
最新の注意を払って縫っているつもりなのに、
出来上がりが、微妙に気に入らない。

結局、四回もやり直しました。
こちら、一度帯飾りやマジックテープを縫うと、
ほどくことが難しく、跡が残るので
ほどいて縫うのではなく、全部破棄。
新しい布の裁断からやり直し。
まぁ、小さなパーツなので、すぐ切れるのですが。

やはり長く縫っていないと、
縫う勘というものが、
鈍くなっているようです。
2017年06月02日
何かと慌ただしいこの頃。

保険会社から電話。
先日契約した息子の保険料が、
娘の口座から落ちているとのこと。
どこかで手違いがあったようで。
急きょ、保険会社に出向かなくてはならず。

今日は息子の部屋に入れた机の配達。
椅子の説明書がない。
連絡をいれると、今、配送が帰ったばかりなのに、
処分してしまったよう、とのこと。
仕方ないので、メーカーに取り寄せてもらうことに。

続いて、机のマットをひいてみる。
まるでサイズが違う。
家具屋のお兄ちゃんが勧めてきたもの。
またまた家具屋に連絡を入れる。
担当者がいないので、後ほど連絡すると言われ。

先日パソコンに貼り付けた月ごとのカレンダー。
5月が済んだので、ミニカレンダーを剥がす。
と、貼り残りがっ!
綺麗に剥がれるって書いてあったのにっ!
急いで残りの月も丁寧に剥がすものの、大変に手こずる。

嗚呼、ついてない。
今日は、ついてない日なんだな、とつくづく思いました。
こういう時は、何もしないに限る。
しばし、何もかも放棄しているねずみなのでした。
2017年05月28日
金曜日、とても元気だった子ねずみ兄が、
土曜日の午前4時、
布団でごそごそしていました。

「どうしたの?」と聞くと
腹痛がする、とのこと。
どうも、様子が変。
「寒い、寒い」とガタガタ震え、
熱を測ったら39度近くありました。

2日前くらいから、
「なんかお腹が少し痛い。」と言っていたのですが、
お腹を壊したのかな?くらいに思っていました。
もう、これは異常事態。
早々に医者に行きました。

診断は「盲腸か腸炎。」
軽い盲腸なら、まだ抗生剤でなんとかなるそうで、
一旦様子を見るとのことで、帰宅しました。
本人はずっと、熱が高くてつらそう。
これは、もう、手術かな・・・と心配していましたが、
今日は少し、落ち着きました。
このまま良くなるといいのですが・・。

ホントに、何があるか解らない
日常でございます。
2017年05月25日
子ねずみたち。
ずっと自分の部屋は持たずに
ここまで生活してきたのですが、
最近リビングではなく、
私の裁縫机を使うようになり、
二人が机を使いたがる事が増えました。

ということで、家族会議の結果、
ついに子ねずみ兄に
自分の部屋を与えることに。
要らないものを処分したり、
本棚を動かしたり、
もう、身体がバキバキ。

裁縫なども完全ストップ。
若くはないとつくづく思うこの頃。

早く終わらせて、
元の日常に戻りたいねずみでした。


2017年05月21日
爽やかな風が吹く日曜日の午後。

ゆったりのんびり、
バザーのお品物を縫い進めております。

今回出品しようと思うのは通帳ケース。
小学校のバザーで、他の方の手作り品を買ったのですが、
思いのほか使い勝手が良く、
とても重宝しています。

この機会に、
イッチョ作って見ようかな・・と。
ひっくり返すこと一時間。
シンプルながら、
結構どうやって作ってあるのか解らない構造。

やっとなんとか形になるようになりました。
たくさん作って、出品したいと思っています。
2017年05月10日
学校から帰って来た子ねずみ妹。

「えーと、何かをママに言わなくてはいけないと、
思っていたんだけど、何だったかな。」
と、ずっと何かを思い出そうとしています。

ねずみ「それって大切な事?学校のこと?」
子ねずみ妹「いやいや、大切な事じゃなかったような。
でも、ママには絶対伝えようって思ったんだよ。」

何でしょう・・?

一時間もたったころ
「あ!思い出した!」と子ねずみ妹。
「あのね。今日○○ちゃんから聞いたんだけど、
ゴキブリさんって、人間と同じ大きさまで成長したら、
新幹線と同じ速さで走れるんだって!!」
キラキラした瞳で、
熱く語る子ねずみ妹。

それかぁ。
それが、母にどうしても伝えたかったことなのかぁ?

内容だけでなく、
「そこっ!?」と突っ込みたくなる気持ちで
大笑いしたねずみなのでした。
2017年05月07日
子ねずみ妹。
美術デザインの授業の課題に、
日夜苦しんでおります。

レタリングの一字を
イラストと合わせてデザインするというもの。
たくさんのアイデアを出し、
ウンウンうなること、10日目。

「なんかなぁ。なんかなぁ・・。」
今日もつぶやく子ねずみ妹。
「こう、なんていうか。
赤血球が踊りだすって感じがしないんだよねぇ・・。」

赤血球が!?
踊りだすっ!?

「こう、やる気にならないっていうか、
あ、これだ、これをやりたいっていう
こう、ワクワクするような、
赤血球が踊る感じが、どの案もしないんだよ・・。」

今日も悩む子ねずみ妹なのでした。
2017年05月05日
久しぶりに、
本当に久しぶりに
ドールショウに行ってみました。

人混みが苦手なねずみは、
着いたのが開場一時間後。
もう、ずいぶん人の波も落ち着いた感じです。

まず、やっぱり
リカちゃんキャッスルのブースに行きました。
「あ、かわいいっ。」と思った
ボブのスペシャルリカちゃんを見つけたのですが、
レジの人が余りにも多く、断念。

で、ディーラーさんのブースを
ゆっくりゆっくり見て回りました。

みなさん、本当にため息が出るような
素敵なお洋服がいっぱい。
中でも、以前から欲しかったフォーチュンワンダフレンドという
小さな小さな妖精の服を作っている方がいて、
(見た感じはカエルにしか見えないのですが)
どうしてもそのお洋服が欲しくなり、
まずはワンダフレンドそのものから
買いに走りました(笑)

緑の小さなワンダと、
ピンクの小さなターシャアプルという妖精をお迎え。
(しつこいようですが・・見た感じカエルにしか見えない(笑))
かわいいなぁ。
そして、念願のワンダちゃん用の
ディーラーさんのお洋服をゲット。

我が家のリカちゃんには、
素敵な素敵なリバティ生地のワンピースを買いました。
こちらは、また、シンプルだからこそ、
生地の美しさが際立つ作品です。
見ているだけで惚れ惚れ。

ドールショウ。
楽しかったなぁ。
机の前で微笑むカエルちゃんたちを見て、
いつかディーラー参加したいなぁ・・と思う
しみじみと思うねずみでした。
2017年05月04日
皆様、ゴールデンウィークは
いかがお過ごしでしょうか。

ねずみ一家は、それぞれ。

子ねずみ兄は3日間とも学校にて、
体育祭の準備やダンス練習。
子ねずみ妹は、とにかく家にいたいとのことで、
まったりのんびり、引きこもり、
イラストを描いたり、本を見たり。
連れねずみは、モニター画面の
色温度などについて勉強&ラーメン行脚。

ねずみは、久しぶりに
心許せる友達に会いました。
長い間、会いたいと思っていたものの、
なかなか会えなかったのですが、
今回やっと会うことが出来ました。

久しぶりに、たくさんしゃべって、
たくさん笑って、
本当に幸せなひと時でした。
遠くに行くより、豪華な食事より、
何よりシアワセな時間。

大人になると、なかなか友達は出来ないけど、
その代わり、苦労を語り合える
素敵な友達が増えるような気がします。

また、会える日まで
みんなが元気で過ごせますように。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 61 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス