22センチドール、27センチドール、11センチドールのハンドメイドお洋服のお店です。
ねずみの仕立てやツイッター @mousedressmaker
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1224
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 62 次のページ»
2017年08月19日
最近、夏休みの美術課題で、
とにかく毎日何時間も
葉っぱを描き続けている子ねずみ妹。

最近15才の誕生日を迎えました。
「15才ってバイクを盗んで走り出す年ごろなんだよね~」
「いつから、ぐれるのかな~」
とからかうと、
もはや、絵の描きすぎでオカシクなっている子ねずみ妹。
「もう、ぐれてやる!」
と言い出しました。

ワクワク。
「ねぇねぇ。どんな風にぐれるのかな?」と聞くと、
子ねずみ妹が言いました。

「4と6と9が付く日はぐれる日だから、その日に駄菓子屋に行く」
「そして、4のつく日はココアシガレット、6のつく日はサイダーシガレット、
9のつく日は、いちごシガレットを買う!」
「それも『おばちゃーん、これ、くれよ~』とぐれて言いながら買う!」
「そして、『のんある気分』と『よっちゃんいか』をやりながら、
ココアシガレットでプカプカやる。」

・・・子ねずみ妹よ。
なんか、それ、ダサくないか・・・?
まるで、中年の親父が、タバコとビールと裂きイカで一杯やってるような・・。

「で、4と6と9がつかない日は何するの?」と聞くと
再び子ねずみ妹が言いました。
「ぐれる準備。イカ焼いたり、タコ焼いたり、ガーリックで焼いて、
オリーブオイルとトマトと・・」

・・・もはや、それ、三分間クッキング・・・?
なんだか、楽しそうな「15の夜」なのでありました。


2017年08月12日
TEQ TEQ Cafe & Shop

ねずみがお買い物をしているアリオ北砂という
イトーヨーカドーのそばにある、小さなお店。
(明治通り沿い・砂町銀座入口からも徒歩2分です)
そこに、ねずみのドール服を置いていただけることになりました。
(8月28日(月)から)

今日、打合せにお伺いしたのですが、
そこは靴を脱いで、子どもとお茶できる素敵な空間。
あぁ、子ねずみ妹が小さかった時、
こんなお店があれば良かったのに~。
あの頃、どんなにか座って外でお茶がしたかったでしょう。
大人と話をしたかったでしょう。
ママ友と子連れで行ける喫茶店。それがなかったように思います。

そんな夢を叶えてくれるところ。
それがTEQ TEQ Cafe & Shop 。
で、そこにねずみのドール服が、一緒にいられるって
すごくすごく素敵で嬉しいです。

今日の打合せ、何が良かったかって、
店主のお子様がままごとのごちそうを出してくれて、
ホントに楽しかった(笑)
最近、小さなお子様と遊ぶことがなかったので、
本当に楽しかったです
あぁ、ねずみってやっぱり子どもが好き。

もし、お近くを通ることがありましたら、
ショップをのぞいてみてくださいませ。
ねずみ、今から、頑張ってたくさんお作りいたします。
2017年08月11日
夏のコミックマーケット。(コミケ)
それは、国際展示場を全て借り切って行われる一大イベント。
日本中から、たくさんの人が集まり、
始発電車の乗車率200パーセントにしてしまうイベント。
初日の参加者12万人。
ある県の全人口と同じ数の人が集まってしまうほどのイベント。

それだけに過酷(笑)

今年は、子ねずみ兄が受験だし、
子ねずみ妹も、さほど気になるブースもないので、
行かないでいこうかな、と言っていたのですが、
3日前になり、子ねずみ妹がそわそわ、そわそわ。
「あぁ、大好きな歌い手さんが、
コミケで自主CDを委託販売するのですって。
でも、100枚だけの手焼きCDだから、
手に入らないかもしれないし、でも、聞いてみたいし・・。」

「でも、これを逃したら、もう、一生聞けないし。
始発で行ってみようかな・・。」

でも、始発200パーセントの電車に
1人でのれる自信もなく。
始発駅は、自宅からタクシーで15分はかかる駅。

ということで、仕方ありませんな。
人生は一度きりであります。
家族皆様の執事ねずみと、4時前起きで、
コミケ92初日に行ってまいりました。
満員の電車に乗ると子ねずみ妹は背が低く危険。
そして、ねずみも、体力に近頃とんと自信がない。
ということで、タクシーを予約。
あまり推奨されない方法なのですが、
子ねずみ妹がつぶれるのは避けなくては。
その代わり、臨時降車場もしっかり調べて、
違反や、迷惑にならない時間と場所で降りました。
(徹夜、深夜の来場は禁止されています。
タクシーの降車場も決められています。)

待機場は、海のそば。とても広い駐車場。
こんなに早く出かけたのは何年ぶりでしょう。
若いころ、よく早朝や夜釣りに出かけて、
朝の潮の匂いと風を感じたものですが、
子どもが生まれてからは、それはなくなりました。
久しぶりの広い広い空と海。
空も、海も、穏やかで、懐かしくて爽やかでした。

今年は暑くなくて、霧雨がずっと降っていて、
本当に楽。
待ち時間の5時間も、さほど長く感じませんでした。

それにしても、いつも思うのは、
あの大量の人が押し寄せる割に、
待機の列も人も、おとなしくルールを守ること。
若い人が大半ですが、秩序が乱れることはありません。
途中聴覚障害の方が困っておられた場面もあったのですが、
ちゃんと隣の若者が助けていました。
こういう場面を見れると、心が安心します。

お目当てのCDも買えて、
子ねずみ兄へのお土産も買い、
たった40分で会場を後にした、ねずみ親子でしたが、
若者文化をちょっぴり楽しんだ、
おばちゃんねずみなのでした。

2017年08月09日
広島の原爆記念日に続き、
今日は長崎の原爆記念日です。

ある国が、日本を焦土化できると言っているそうです。

平和で、戦争の不安がなくて、
そして水が飲めて、食べ物がある。
子どもの遊ぶ声が聞こえるこの生活。

どの国も、どの人々も、
空から爆弾が降って来ないって安心出来て、ご飯が食べられて、
子どもが幸せなことが、幸せなのではないかと思いますが、
違うのでしょうか。

中国船が、日本の領海ぎりぎりで
秋刀魚漁をしているというニュースを聞きましたが、
ねずみは思いました。
みんな、秋刀魚が食べたいんだよ。
秋刀魚は美味しいから。
だから、たまには、日本が譲ってもいいんじゃないかな。
今年は、中国の人に食べて貰って、日本は来年、とか。

いつも自国優先である必要はない。
たまには、オールワールドで、
譲れるところは譲ればいいし、
困っていたら助けてくださいと言えばいい。
東北大震災の時も、たくさんの国が助けてくれて、
本当にありがたいなって思いました。

シアワセって何ですか。
日本を焼き尽くして、幸せなんですか。
相手の国にだって、
そんなこと、思っていない人もたくさんいるハズ。

どうして解りあえないのだろう。

ねずみには、どうしようもないけれど。
でも、ねずみは、出来るだけ、
その国の人がねずみの家族だったら、と考えるように
したいと思っています。

どうか、平和が続きますように。
そして、今、戦争に苦しむ国の人々に、
早く平和が訪れますように。
2017年08月04日
今月誕生日の子ねずみ妹。
「どこか、ご飯でも食べに行こうか?」
と聞くと、
「ひみつ堂に行きたい」と言います。

ひみつ堂とは、かき氷のお店。
谷中にあるのですが、
天然氷と自家製蜜で有名なお店で、
かき氷好きのねずみが、大好きなお店です。

ただ・・。
有名なので、シーズンは長蛇の列。
3時間待ったこともありました。
最近は整理券制なりましたが、
待つことには変わりなし。
ねずみと子ねずみは、いつも冬の平日とか、
夜間に訪れています。

夏、真っ盛りのひみつ堂かぁ。。
と、ひみつ堂のツイッターに
朝一番は比較的すいています、と書いてありました。
よし!行くぞ!
気合を入れて、8時半にひみつ堂に到着しました。

人はたくさん並んでいましたが、
開店と同時に入れました。
ちょっと店舗の面積も広くなって、
それも良かったようです。

ブルーベリーに、いちご、マンゴーなど、
生フルーツから自家製の氷蜜を作っておられるのですが、
ねずみのお気に入りは、みぞれ。
これ、メニューにはありません。
裏メニューです。
一度「みぞれって出来ますか?」と聞いたら、
「はい、大丈夫です。」とみぞれを出していただいて、
それ以来、これの大ファン。
気がむけば、別添で蜜を注文しています。

なぜかというと・・
みぞれが一番氷の味が良く解るんです。
氷の爽やかさと、蜜の純粋な甘さがほんのりと・・。
もう、これが一番のごちそう。
子ねずみ妹も、宮崎マンゴー氷を嬉しそうに食べていました。

ひみつ堂の氷は、日光の天然氷を使用しています。
あぁ・・地球温暖化にはなってほしくない!
大好きな氷をいただきながら、
つくづくと、そう、願ったねずみなのでした。

2017年08月02日
今日は、リカちゃんキャッスルの
日本橋三越での催事初日。
おりしも、娘は合宿中。
息子は学校。夫は仕事。

むふふふ。
ということは、ねずみは晴れて自由の身。
催事に行けるではございませんか。
しかも、大好きな日本橋三越。
行くしかございません。
今日はねずみの夏休みだぁ!!

ということで、ねずみ、通勤電車の人の間に揺られ、
日本橋三越に出かけて参りました。
9時半から整理券の配布とのこと。
9時前に着きましたが、既にたくさんのお客様。
前に並んでいらっしゃった、
お孫さんのためにいらしたおばあ様と、
お子様連れのお母さまと、
和気あいあいとお話させていただき、
とても楽しかったです。

開場時間になり、
催事会場に行くと、まぁ、なんと!
初めて見るといっても過言ではないくらい、
箱ドールきらちゃんがずらり。
きらちゃん、ホントに人気です。

私のお目当ては、
アリス服モデルのりかちゃん。
デザイナーさんの笑顔に和みながら、
無事にお迎えすることが出来ました。
ちゃっかり、きらちゃんもお迎えしましたが(笑)

あぁ、また、お洋服作らなくっちゃ。
可愛いモデルさんが、来ちゃったよ・・・。
シアワセのため息をついている、ねずみなのでした。
2017年08月01日
子ねずみ妹は、今日から部活合宿です。
といっても一泊二日ですが。

河口湖畔の宿に泊まり、
漫画を描きまくるそうで。(漫画研究部)
合間に、ハーブ園に行くとのこと・・なんとも素敵。

集合は新宿。
集合場所まで行けるか自信がない子ねずみ妹、
「ついてきて~」と言い、
朝早くから、ねずみもついて行きましたが、
集合場所にお友達を見つけたら、
母は置いてきぼりで、さっさと行ってしまいました。

母には「バイバイ」も、ないんかいっ!!

ま、あの年頃はお友達が一番なのかな。
夏を楽しむ子ねずみ妹なのでした。
2017年07月31日
何気なく近所を通っていたら、
ウィンドウにメルちゃんのお洋服を置いている
小さな喫茶店がありました。
(店休日でしたが)

帰宅してホームページを見てみたら、
お子様優先の優しいお店らしく、
お茶やコーヒーのお値段もリーズナブルで、
とても素敵なお店でした。

ねずみのドール服、置いていただけないかなぁ。
お子様が喜んでくれるといいなぁ。

委託販売を受けていらっしゃるか、
ただいま問い合わせ中です。
2017年07月28日
少しでも、この暑い夏を
楽しんでいただきたく、
トップページをアロハ風に変更してみました(笑)

時々、お仕事したいな~とか、
専業主婦してて生産性がないな~とか、
違う立場の人々を羨ましく思ったり、
憧れたり、しておりますが、
でも、ねずみは、ねずみの道を行くのであります。
どの人生も、それぞれの意味と意義がある。

全国のドール好きの、
お母さん、働く皆さん、宿題一杯の子ども達、
みんなで夏を乗り切りましょう!
2017年07月27日
とうとう、子ども達の夏休みが始まりました。

夏休み、なんだか、とても忙しい。
子ねずみ兄は、休みなく学校の夏期講習。
土日と盆しか休みがありません。
となると、ずっとお弁当が要る訳で。

子ねずみ妹は、今年の目標を
水泳と定め、すいている夜に行くと決めました。
ただし・・中学生単独で18時以降はアウト。
で、付き添いにねずみが行くことに。
子ねずみ妹はそれだけではなく、3者面談、
美術館の付き添いや、合宿の準備も必要。

・・・いつもより、全然忙しい(怒)
そして、とても疲れる!(プールの筋肉痛・・・泣)
いつもの日常が
もう懐かしいねずみなのでした・・。
2017年07月22日
昔々、子ねずみ妹がまだ、幼稚園児の頃。
電車の吊り広告を見て、
「あれに行きたい。」と言った子ねずみ妹。
それは、恐竜展。

幕張メッセだったと思いますが、
大きな展示場に、たくさんの恐竜の骨。
そして、実物大の模型。
それはそれは、壮大な展示だったのですが・・。

なぜか冴えない顔をする幼い子ねずみ妹。
あんまり大きすぎて、ピンと来ないのかな・・、
お腹がすいちゃったかな・・と
あれこれ思っていましたが、
出口から出たとたん、子ねずみ妹言いました。
「で、恐竜はどこなの?」
「恐竜一杯いたじゃん???」
「でも、みんな生きてなかったよ。本物はどこにいるの?」

生きている恐竜が、
動物園のように、いると思っていた様子。

夏休みになると、思い出すエピソードでした。
2017年07月21日
子ねずみ妹が欲しがっている本は、
「筋肉」「骨」の本。
なんでも人を描くのに、
筋肉や骨を知らないと描けないんだとか。

で、大きな本屋で探してみたら、
あるわあるわ。
筋肉、骨が美術と深ーくつながっていることを
実感したねずみであります。
中は、人体写真(裸体)と骨、筋肉の絵。
これじゃあ、まるで医学書だよ!
女性の裸も、何もかもあからさま。
情緒のかけらもない!
こんなのを、夢見る乙女の中学生女子に
見せていいのだろうか・・と悩むねずみをしり目に、
熱心に見つめる子ねずみ妹。
その目はもはや、まるで解剖学者。

帰って、思春期まっさかりの子ねずみ兄に
その本を見せたところ
「アハハハ。こりゃ、エロもなんもないね。
でも、肝心なとこはぼかしが入れてある~。」
と、なぜか大うけ。

子ねずみ妹の、今年の夏の自由研究は「骨」
・・・花の乙女とは程遠い子ねずみ妹であります。
2017年07月09日
昔はなかった可動式ボディ。
リカちゃんなどは、腕や膝が曲がりません。
幼少の頃、無理やりに曲げていたものです。
(リカちゃん、ゴメン)

が、アゾン社などから出ているボディは
関節がジョイントになっていて、
座ったり、手を曲げたりは自由自在。
可愛いポーズなどを
とれちゃうのであります。

最近、我が家に2体来たrurukoというドールは、
ピュアニーモXSという可動式ボディなのですが、
何が困るって靴を履かせるのが大変。
足首ぐにゃぐにゃの子どもに、
靴を履かせるのが大変なのと一緒です。
で、足首から先を取り外して履かせたのですが・・。
(見た感じは履いている感じ)

足首から先を戻すのが怖くて、怖くて。
こう見えて、ねずみは物を壊す天才。
若き頃より、どうしてかわからならないけれど、
物を良く壊します。
可愛いrurukoさんの足首を、ちゃんとはめられず
バリッと壊すのではないかと、ヒヤヒヤ。
結局、足首は戻せず、そのまま足先が転がっております。
・・・ホラーだ・・。

これ、もっと気軽に取り外し出来たらいいのになぁ・・
としみじみ思うねずみなのでした。
2017年07月07日
暑さのせいか、気だるい毎日。
子ねずみ達に
「なんだか、最近、身体がだるくて・・」と
こぼしたところ・・。

子ねずみ妹「思春期なんじゃないの?」
ねずみ「思春期?」
子ねずみ兄「それを言うなら更年期、だろ。」
子ねずみ妹「違うよ。更年期じゃないよ。
なんて言ったかな・・ええーっと、そうそう、倦怠期だよっ!」

・・・倦怠期?

子ねずみ妹「だるいんでしょ。だから、倦怠期だよ。」

子ねずみ兄、爆笑しながら言いました。
「パパとママは倦怠期じゃないと思うけどね。」

子ねずみ妹「パパは別に、だるくないから、
倦怠期じゃないかもしれないけど、ママは倦怠期!」

ええーっと。ええーっと。
ワタクシ、多分、更年期でございまして。
倦怠期ではない・・と思いたいですが、
どうでしょう?
2017年07月05日
子ねずみ妹。
最近、学校の課題や、学園祭の手伝いや、
学業が忙しく、
とにかく、大変そう。

学校からの帰り道に
「ご飯とお風呂、お願いします。」と
メールがあることが、このところ毎日。
このメールは、大変に忙しい印。
帰ってすぐ風呂に入り、
続いて急いでご飯を食べ、
後は休憩もとらずに、課題やレポートに取り組んでいます。

そんな毎日の上、就寝は午前様で
1時は回らないように注意していたのですが、
昨日あたりから、起きたら「吐き気がする」と言い出し、
これはもう、ノックダウン寸前。
今日は、無理やりに学校を休ませました。

これでは、モーレツサラリーマンだよ。
主人も忙しい会社員ですが、
それ以上に早く起きて学校に行き、
通勤電車に長い間揺られ、
家にも残業を持って帰り、ご飯もそこそこに取り組み、
そして深夜に就寝。
壊れないほうがおかしい。

若いうちは、頑張らせたほうがいいのかと、
悩むこともたびたびですが、
とにかく今日はマザーストップ。
ゆっくり寝なさいとの
ご命令を出したねずみなのでした。
2017年06月30日
広島に長くいたので、
ねずみにとって、
お好み焼きと言えば、広島風お好み焼き。

広島なら、どこにでもあるお好み焼き屋さん。
住宅街の角とか、路地の間とか。
のれんも何もなく、土間に鉄板があって、
そこで昼だけ営業しているところもありました。
本当に身近なソウルフードなんです。
仕事の合間に食べたり、
飲み帰りに食べたり、本当に良く食べました。

だもんで、
東京に来て、お好み焼き屋さんの少なさが、とても悲しく。
我が家で焼くことはあっても、
なかなかお店で広島お好み焼きを
食べることが出来ませんでした。

でも、昨日!
見つけたんです!
子ねずみ妹が、マニアックなCDを予約していて、
それを一緒に引き取りに行った帰り道。
場所は御茶ノ水。
道端に「オタフクソース」のノボリが立っているではありませんか!
お店をのぞいてみると、基本の肉玉そばが860円。
うんうん、良くある東京価格ではなく、しっかり広島価格。
ちゃーんと、鉄板の前に席があり、
へらがスタンバイ。
ああ、これは本当に広島のお好み焼きスタイル!

ということで、しっかり満喫して参りました。
私は鉄板からへらで、そのままいただく派。
娘は鉄板からお皿に少しずつとっていただく派。
どちらも手慣れたもんで、
店主の方から「きれいに召し上がりますね。
広島の方なんですか?」と聞かれました。
店主の方は広島市内ご出身なんだそうで。
まだお若い方でしたが、懐かしい話に花が咲きました。

今度は家族で行きますよ~。
久々にとてもとても嬉しかった発見なのでした。
2017年06月27日
子ねずみ兄は、幼い頃から、
すこし変わった子どもでした。
二つのことが一緒に出来ない、とか、
言葉の後ろを読むことが出来ない、とか、
耳が異常に良い、とか、
記憶力がとてもいい、とか。

子ねずみ妹がお友達から
「お兄ちゃんってどんな人?」と聞かれ
「うーん。側にいると大丈夫かなぁ?って
とても心配になるけれど、
人間としては、とても良い人だよ。」と
答えたとのこと。
まさに、その通り。

今、高校三年生になり、
母親のねずみとしては、
彼がどのような道を行こうとも、
彼自身が納得しているならばそれでいい、と思うけれど、
彼の思う道と、彼の出来る事とが
なかなかにうまく行かず、
葛藤したり、もがいていて、
「無理するな」とも言えず「無理しなさい」とも言えず、
黙ってみているしかなく。
親って辛い。

珍しく、今日はついに熱を出して休んだ子ねずみ兄。
目が覚めるまで寝かせておこうと思う
ねずみなのでした。
2017年06月23日
小林麻央さんが亡くなられたと報道がありました。
全然存じ上げない方ですが、
以前からブログを拝見しながら、
奇跡が起こりますように・・と祈っていました。

最後になってしまったブログの
最後の最後に
「皆様にも笑顔の出来事がありますように。」
と言ったような言葉が記されていたように思います。
強く優しい方でした。

まだまだお子様も小さく、
お母さんの温かさが必要なのに、本当に悲しいです。
どうぞ、天国で皆様をお守りください。
そして遺された家族の皆様に、
早く穏やかな日々が訪れますように。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2017年06月19日
リカちゃんキャッスルの出張イベント
「リカちゃんキャッスル(LC)」
ここは、私にとって何より幸せな場所でした。

たくさんのお客様と出会い、
素敵なスタッフの姿を拝見し、
素晴らしい作品を作るディーラーさんたちと
苦労話や、楽しいお話をさせていただき、
もう、待ち遠しくて仕方のない場所でした。

しかし、昨今のイベントの混雑ぶりに、
しばらく募集が中止となってしまいました。

今までの出会いに感謝をして、
皆様に心よりお礼を申し上げます。
また、キャッスルのスタッフの皆様にも、
心から感謝いたします。

今後は小さなハンドメイド市、
ドールショウなどで、お目にかかれれば、と思っておりますが、
今のところ、何も目途はたっておりません。
ただ、今後もこのショップだけは、
細々と続けていきたいと思っております。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
2017年06月15日
買い物帰りの、いつもの遊歩道。

カラスの甘えた「ギーギー」という鳴き声が聞こえたので、
そちらを見ると、
二羽の大きなカラスが、川の柵に止まっていました。
どちらも成鳥に見えましたが、
一羽が甘えて鳴きながら、大きな口を開けています。
と、もう一羽が、口からエサを与えました。

大きいのに、一羽は子ガラスなのね~。
子ガラスは嬉しそう。
親ガラスも、せっせとエサを与えています。

なんだか、子ねずみ兄みたいだな。
身体は大きいのに、まだまだ子ども。
いつも甘えて、中身はちっとも変わらない。

カラスも人間も案外同じ、と
ちょっと安心した午後でした。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 62 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス