22センチドール、27センチドール、11センチドールのハンドメイドお洋服のお店です。
ねずみの仕立てやツイッター @mousedressmaker
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1246
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 63 次のページ»
2016年12月25日
今日はクリスマス。
我が家にも、まだサンタさんから
プレゼントが届く子ねずみ妹に、
子ねずみ妹が欲しがっていた
プリンターが届きました。

「ちょっと、サンタさん、
太っ腹すぎない?」とは子ねずみ兄の弁。
子ねずみ兄、今日は部活に出て行きました。

ねずみ夫婦は、
じぃねずみの老人ホームに
今から出かけます。
何かと忙しいクリスマスのねずみ一家です。

皆様に、
素敵なクリスマスでありますように。
メリークリスマス!
2016年12月22日
今日は、ねずみの誕生日です。

昨日、認知症の父の受診があり、
ずっと一緒だったのですが、
今日が12月21日ということを
何回も聞いてきたけれど、
その口から、ただの一度も
「明日は君の誕生日だね。」という言葉は
ありませんでした。
そればかりか、来月は自分の誕生日で、
86歳になるという話ばかり。
「ずいぶん長生きしたもんだ。」と
自分大好きな父らしい話を何回も何回も
繰り返して聞かされました。

元々、母が覚えてくれていて、
必ず電話をくれていただけのこと。
そう、この人は元々家族には興味がないんだ、と思ったり、
認知症だから仕方ないね、と思ったりするものの、
やっぱり産みの親から誕生日を忘れられるということは、
嬉しいものではなく。

でも、今朝は連れねずみから、
おめでとうの言葉を貰い、
思いもかけず、子ねずみ兄からも、
プレゼントを貰いました。
昨日、子ねずみ兄が帰宅が遅かったのは、
帰りに私へのプレゼントを買ってくれてたそうで。
(連れねずみから聞きました)
息子は思春期になってからは、
まるで母の誕生日など関心がなく、
男の子だから、そんなもんだろう、と私も思っていましたが、
今年は、自分から用意したようで、
それが何より嬉しかったです。

神様。
私が年をとって、認知症になったとしても、
子ども達や夫の誕生日を忘れてしまいませんように。
どうぞ、その記憶力だけは、
残しておいてください。
2016年12月17日
子ねずみ妹が、
寒い朝に言いました。

「あ~。
ロールキャベツの中の
肉の分子になりたい。」

・・・・。
変わった子どもでございます。
2016年12月13日
いつもお引き立ていただき、ありがとうございます。

イベント出店準備のため、
過去作品のオーダーは、
12月11日時点でお請けしているものを最後に、
一旦停止いたします。

オーダー再開の予定は1月23日以降の予定です。

お問合せは随時お受けしております。
よろしくお願いいたします。

ねずみの仕立てや
2016年12月09日
先日、お客様からご連絡。
「ねずみさんから買ったものではないのですが、
お気に入りのドール服の裾レースが
破れてしまったので、直していただけますか?」
とのこと。

それを伺い、本当に嬉しく思いました。
ドール服を作るものとしては、
直して、また着せてあげたい、というお気持ちが
何よりも嬉しかったのです。

今日、早速、お直しするお品物が到着しました。
ああ、そう。
そう、このオーガンジーは破れやすい。
薄いだけに、織が偏りやすく、
ほんの少しの引っ張りで端っこがほつれるのです。
でも、その生地のピンクには、
このレースの色がピッタリ。

私が作ったものではないのですが、
そのお品物をお作りになった方の
気持ちが、いろんなところで、伝わってきました。
糸の細さ、レースの組み合わせ、
ビーズの選択、仕立てる順番。
・・・ああ、ここで、こういうのが付けたかったのよね。
・・・やっぱり、これが可愛いもんね。うんうん。
・・・このチョイスは、素敵だわ~(*・ω・)♪
まるで、お作りになった方と会話しているような時間。

上手にお直し出来たかどうか、
微妙ですが、とてもとても楽しい時間でした。

孤独な作業のお仕立てですが、
お直しって、作った方とお話ができるような気がして、
楽しいもんだなぁ、と
しみじみ思ったねずみでした。
2016年12月09日
このところ、家事も縫物も
なんだか、計画通りに行かないねずみ。

ついつい、子ねずみ妹に
「なかなか、人間って、
理想通りにはなれないもんだ。」と
愚痴をこぼしました。

間髪いれず、子ねずみ妹
「そういうときは、理想像を引き下げるっ!」
と突っ込みました。

えええ~。
そんなことして、いいの~!?

続けて言うことには
「人間、そんなに完璧に出来るもんじゃないっ。
ありのままの自分を受け入れなさいっ。」

努力家の娘に言われると、説得力ハンパない。
自分の低い理想像が、
ちょっぴり恥ずかしくなったねずみでした。
2016年12月05日
先日の夕食。
「六品目の茶碗蒸し」
という既成ものを食卓に出しました。
急いでいたので、
湯せんして、そのまま
蓋を外さず食卓に出したところ、
「おお、さすが、六品目」
と子ねずみ兄が言いました。

???

続ける子ねずみ兄。
「ご飯、魚、煮物、サラダ、小鉢。
で、これで六品目な訳ね。」
なんだか得意げ。

・・・・。
子ねずみ妹、ねずみ、一瞬黙った後、大笑い。
子ねずみ妹が言いました。
「お兄ちゃん、違うよ。
これ「ろくひんめ」じゃなくて
「ろくひんもく」の茶わん蒸しだよ~。」

子ねずみ兄「あ、そうかっ。
たまたま、ろくひんめ、だっただけね。」

なんだか、のどかな食卓でした。
2016年12月01日
ただいま、猫ちゃんワンピ第2弾の
バンビワンピースを作っているのですが、
胸元につけるリボンの色が、
どうしても気に入らなくて、
昨日久しぶりに蔵前というところまで、
行ってまいりました。

目指すは「木馬リボン ショールーム」
国産リボンの老舗です。
パリやミラノにも支店があるそうで、
シャネルや、ディオールといった有名ブランドが
買いに訪れるというリボンの会社です。
木馬リボンに間違いはない、とは、
使ってみて私が思うこと。

私の場合、胸元にレース生地をあしらうときは、
木馬製品を使うことが多いのですが、
何せ、木馬は大変な高級品。
織も光沢も文句なしに美しいかわりに、
一般品の2~3倍のお値段がします。
リボンもしかり。
子どものお小遣いで買えるお値段を
目指しているねずみには、
なかなか気軽に使える代物ではありません。

でも、やっぱり気に入らないお品物を出したくない。
それに、やっぱり木馬リボンショールームでは、
私の欲しかった色と艶のリボンが、
ちゃーんと待っていてくれました。

たかが、リボン。
されど、リボン。
美しいリボンを5メートル買って、
とても満足したねずみなのでした。
2016年11月30日
リカちゃんキャッスルから、
来年の上半期イベント情報が出ました。

1月22日、LC東京
東京都産業貿易センター
ディーラー募集がありましたら、
是非出たいと思っております。

週末のLC大宮にも参加したかったのですが、
兄が上京して泊めてほしいとのことで、
参加は見送りました。

LC東京、参加できるかどうか、
抽選になったり、募集自体がなかったりするかも知れませんので、
出られるかどうか解りませんが、
とりあえず、ぼちぼちお品物を作ろうと
思っています。
2016年11月29日
なかなか朝、起きない子ねずみ兄。

「早く起きないと、選挙権、あげないよっ。」
と、脅すとか、
腰を揺らして
「地震!地震!震度5!震源地、兄の腰っ!
津波の心配はありません!」とか
周りで踊りながら
「センセーに言ってやろ~♪
チュルリラ、チュルリラ、ダッダッダッ!」と歌うとか、
(ボーカロイドの歌でございます。)
散々、やっているのですが、
今朝、ついに子ねずみ兄が
「そのノリがうざい~。」と
苦笑しながら言いました!

ついにいただきました!
「うざい」
いつになったら、そういう暴言を母に吐くのかと
思っておりましたが、
やっと、貰いました(笑)

「母さん、テンション高すぎる~」とやっと、起きてきた兄。
普通、高校生って、テンションが
高いもんじゃないのかい?
「うざいノリの母」は今日も
頑張って弁当を詰めております(笑)

2016年11月28日
電車の吊り広告で、
「芸大生の本」の宣伝をやっているそうで。

その文言が、子ねずみ妹には
強烈なようです。
「卒業生の半数は行方不明なんだって。」
と、ご報告。
それはそれは。

「芸大生は、天才が多いのかもね~。」と言うと、
「天才って、世に認められた変人のことだからなぁ。」
と子ねずみ妹。
「電気を発明した、某発明王は子育てに
失敗して、子どもが詐欺を働くし、
子どもと裁判沙汰になるし。
天才と言われた画家は、
妻と愛人を一緒に描くし。
みんな、どうかしてるよっ。」

子ねずみ妹、お友達から
「仮にも美術を志すんだから、
私たちも、天才って言われたくない?」と聞かれたそうですが、
素直に「うん」とは言えない
子ねずみ妹なのでした。
2016年11月25日
子ねずみ兄が、予備校が辞められなかった件。
もう、すっかり怒りも収まったねずみなのですが。

怒り心頭だった私とは対照的に、
夫の連れねずみは、
終始、穏やかに対応。

「だって、予備校もさ、
儲けないとダメな訳だし。
息子が一人辞めるのは、絶対避けたい訳よ。
向こうは本部に怒られるんだろうし。
彼ら(担当助手の大学生)は、ただのバイトで、
マニュアル通りにやってるだけ。
彼らに退会の決定権はないの。
だから、まぁ、そう、怒らずに。」

仏のねずみだわ~。

夫婦して予備校に乗り込んだとき、
連れねずみは何をしていたかというと、
私の隣で「アルカイックスマイル」を浮かべていたんだそうな。
連れねずみいわく、
「それが一番怖いハズ。」

ねずみが、だらだらにょろーんと寝転んでいると、
優しいアルカイックスマイルを向ける連れねずみ。
もしかして、これって一番怖かったのかも、
と心中そっと思ったねずみでした。
2016年11月24日
子ねずみ兄が某予備校を
辞めることになりました。

保護者会にて、
「まず、予備校に行っている人は、
辞めてください。」と話がありました。
なんでも、来年度から
カリキュラムが変わるそうで、
両立は難しそう。

本人とも話をし、親子ともに納得して
「じゃぁ、辞めましょ。」ってことになったのですが、
これが、なかなかのトラブルで。
辞めさせてもらえない!

担当助手という大学生の担当さん。
あの手、この手で子どもを引き止める。
親の私には「退会ですね。」と
何一つ反論しなかったのに、
子ねずみ兄には「退会する前に考えろ。」
「両立出来ないのは、君がたるんでいるからだ!」
などと講座が終わってから22時まで、
一時間みっちり責められたそうで、
子ねずみ兄は、すっかり疲弊し、
人間不信になりそうな勢いで帰宅致しました。

まぁ、一日休んだだけで、
自宅に電話がかかってくるようなところでしたけど。
私とも、電話で何回かやりあいましたが。
17年も育てた私より、息子のことを
良く知っているようなことをいう大学生・・
かなり胡散臭い。

ついに昨日、ムカムカしたねずみは、
連れねずみと一緒に、夫婦で予備校に乗り込みました。
「今ここで、退会届を出します。」と宣言。
「お話を伺い・・」などと甘いことを言う担当者を
「お話はもう、すでに、いたしました。」と
冷たく言い放ち、退会届を出してまいりました。

こんなにムカムカしたことは、
十何年ぶり(笑)
恐るべし予備校なのでした。
2016年11月19日
このところ、ドコモのドメイン宛ての
ねずみの仕立てやからのメールが
返送になることが時々ございます。
また、スマホ宛のメールが
届いていないとのお申し出もございます。

原因として次のことがございます。

・なりすましメールとして拒否されている。
(http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n95648
「届くはずのメールが届いていないときの対処法」をご参考に救済メールとしてご設定ください。)
・携帯電話の機種変更をされた時に、迷惑メール解除設定がクリアされた。 
・メールアドレスを変更したが、登録メールアドレスを変更していない。
・迷惑メール解除アドレスが違う。
(genkideganba_go_go2000@yahoo.co.jpのアドレスを受け取れるように設定をお願いいたします。)
・yahooドメインが拒否の設定になっている。
(ドコモは初期設定がyahooドメイン拒否に設定されているようです。)

受注・お問合せは、24時間以内に必ず返信をしております。
もし、ねずみの仕立てやからのメールが届いていない場合は、
お問合せ欄から、再度ご連絡くださいませ。

また、お品物アップのメルマガについても、
同様に不着があるようです。
3回届きませんと、自動的に配信停止になるシステムになっております。
最近メルマガが届かないなぁ・・と思われた方は、
genkideganba_go_go2000@yahoo.co.jpのアドレスを受け取れるように設定をし、
メールにてご連絡くださいませ。
配信停止の解除をいたします。

お手数をおかけ致しますが、
よろしくお願いいたします。
2016年11月17日
久しぶりに晴れた東京。

ということで、新作の写真を撮っております。
今回は、ねずみの大好きなイチゴワンピ。
YUWA生地ごてごてイチゴを、さらにレースとリボンで、
ごてごてに致しました(笑)。
ドールじゃないと着れないお洋服ですなぁ。

とはいえ、
この写真撮影が、
どうしても上手くいきません。
写真って見たままに撮れているようで、
決してそのようなことはなく、
さらに、見ているこちらにも、
脳で変換された映像が印象として残るので、
私の見たもの、感じたものと、
写真で写されたものが一緒であるハズもなく。

同じお洋服でも、
背景の色によって、
これまた露出や、色調整が変わってきて、
おしまいには「あああああああ!!」
と嘆いて終わるというのがパターンであります。

お仕立てと同じくらいの労力を使い、
結局のところ、仕上がりに満足したことはなく・・。
晴れているのに、
モチベーションは下がる一方。

今日は、諦めて、お散歩することに致します。

2016年11月16日
今日は子ねずみ妹が、
上野の美術館へ校外学習。
朝、送っていくついでに、
ねずみは行きたかった「ラスコー展」
へ行きました。

二万年前のクロマニョン人が
洞窟に描いた絵を完全再現したもの。
少なくとも、
私よりは、上手な壁画でございました。

その頃より、
動物の皮をまとい、
貝殻で作ったアクセサリーを身にまとい、
骨で作った裁縫針を使っていたという
クロマニョン人。

食べて、寝て、
今でいう仕事である狩りをして、
アクセを作り、裁縫をして、
二十キロ先の岩をお土産として持ち帰り、
それを絵の具として
洞窟に絵を描く。
・・・・。
今と、さほど変わりはございません。

二万年前も、
今も、
それが人の暮らし。
結局、私も、人としての暮らしを
積み重ねているのだな・・と
つくづくと思った「ラスコー展」でした。

2016年11月15日
高校生の子ねずみ兄。
なんでもやりたがる性格は、
小学生の時から、何も変わっておりません。

今も、
吹奏楽部の部活→土曜日以外、毎日。
週二日朝練習。
文芸部の部長→小説を書いたり、まとめたり。
漫画研究部→こちら、ほぼ名前だけ。
旅行係の副委員長→修学旅行のスタッフ。
予備校→ほぽ毎日放課後通って、なにやってるんだか。
ゲーム→こちらは、ぼちぼち息抜きにやっている様子。
体育の授業→全力でやって、いつも筋肉痛(これはオマケ)

一体何足の草鞋を履いているのか。
これを、すべてちゃんと、こなせるハズもなく、
結局、学業にしわ寄せが来たり、
寝る時間が遅くなっております。

この週末、演奏会があり、
予備校も重なり、絶対的に時間が足りず、
結果、寝る時間になっても宿題終わらず。
日曜日の夜は2時半になってご就寝。
ねずみは、とにかく早く寝てほしい派。
夜中に久しぶりに親子喧嘩、と言いますか、
一方的に私が、ぷりぷりと怒りました。

高校生のお子様を持つ皆様、
一体どうやって
この野生動物みたいな代物を
御していらっしゃるのか。
伺ってみたいものでございます。

とはいえ、そんなに忙しい生活を
送っているのに、
モリモリご飯を食べて、
いつもご機嫌な子ねずみ兄。
怒っているのは、母ばかりなのでした・・。
2016年11月09日
よくテレビで見かける
通勤列車のラッシュ。

昨日は、子ねずみ妹が校外学習。
で、東京駅まで送って行きました。
東京から横浜方面の電車。
たくさんの人が並んでいましたが、
でも、東京なら、降りる人も多いので、
大丈夫だろうと思っていましたら・・。

たくさんの人が降りるは降りたのですが、
それ以上に吸い込まれる人・人・人。
もはや、最初に乗り込んだ娘の姿など
見られる訳もなく、
このままでは、中の娘がへちゃげて(つぶれて)
しまうのではないか、というほど、
人がぎゅうぎゅうぎゅう・・。
間違いなく、これは定員オーバーでは・・?

最後の人は、見るからに入れていないのに、
それでも降りようとせず。
「大丈夫かいな」と心配していたら、
その人が「足、足」と駅員さんに怒鳴っていて、
駅員さんは、足をまるで荷物か何かのように、
ぎゅぅぎゅぅ閉まりつつあるドアの隙間に、
押し込んでおられました・・。

もう、見ている私は唖然として、
中の娘がつぶれていないか、心配するばかり。
メールも出来ない状況だろう・・と思っていたら、
しぱらくして
「品川で生き返りました。」とのメール。
ああ、良かった。

続いてのメール「骨盤が曲がりました。」
・・・多分、大丈夫(笑)
それくらい、ぎゅうぎゅぅだったのね。

帰ってきて言うことには、
「あちら方面の大学には行きません。」
との弁でした(笑)
2016年11月07日
先週、連れねずみが休みをとってくれ、
日帰りで墓参りに行きました。

東京から飛行機で一時間半の山口。
帰省するのは半年ぶり。
連れねずみに至っては、
二年ぶりくらいです。

山口の天気は、明るくて、柔らかくて、
「ああ、瀬戸内の日の光だね~。」
と、とても懐かしい穏やかさでした。

連れねずみは
「ついこの間来たばかりみたい」と散々言いました。
町の姿は、あまりにも変わらない(笑)

二人とも実家は同じ市内なので、
両方のお墓参りをして、
少し時間があったので、動物公園に行きました。
昔からある大きな公園ですが、
最近リニュアルしたという動物公園は、
それはそれは、今時の動物園になっており、
柵がなくて、お猿さんがノンビリターザンをしていて、
まるで手が届きそう。
カピバラなんぞは、怖いくらいの至近距離。
今とても人気、というのもうなづけました。

とんぼ返りの墓参りでしたが、
つかの間、ホッとした旅を
楽しんだねずみでした。
2016年11月02日
高校生の子ねずみ兄。
朝になって
「そうそう、体操服、体操服」と支度。

「昨日も持って行かなかったっけ?」と聞くと
「え、だって昨日の体育は『どーけん』だったから。
今日はバドミントン。」

・・・・どーけん?

「どーけんって何?」と聞くと、しれっと言いました。
「剣道のことだよ。」

なるほど。
六本木をギロッポンというようなヤツね。
若者にはついていけないと思うねずみでした。
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 63 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス