22センチドール、27センチドール、11センチドールのハンドメイドお洋服のお店です。
ねずみの仕立てやツイッター @mousedressmaker
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1312
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 66 次のページ»
2018年05月10日
GWも終わり、すっかり日常モード。

ねずみはロングスリーパー。
眠らないと、ねじが切れたように動けなかったり、
何より、子ども達の話を
集中して聞けなくなります。
子ども達の話を聞く・・これ、
子ども達の精神安定には必須なので、
死守したいところであります。

といっても、ねずみが
寝るのはどうしても0時30分以降になり、
朝は5時30分には、起きなくてはならないので、
連れねずみ様と子ねずみ様がお出かけになった後の
8時から9時まで寝ることにしています。

この時間が、とてもシアワセ。
誰もいない家で、
一人で連れねずみのベッドを占領し、
のびーっと寝るこの時間。
枕元にコーヒーを置き、
その香りの中で、かすかに流れる
羽鳥慎一モーニングショーの声を聴きながら、
うとうとうと・・。

これぞ、ねずみの日常です。
ああ、この時間があるから、
がんばれる。

最近、連れねずみが出て行く時のご挨拶が
「じゃ、行ってくるね~。
ゆっくり、おやすみ~。」に変わりました(笑)
2018年04月30日
GWが始まっておりますが、
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

ねずみ一家は、
どこに行く予定もなく、
のんびりと過ごしております。

子ねずみ兄は、休日でも今日は大学があるようで、
朝早くから登校です。
子ねずみ妹は、デザインの小物を作ると忙しく、
黒布にくらげを描いております。
連れねずみは、新しいラーメン屋の開拓。
で、ねずみは、じじねずみに会いに行ったり、
体調と相談しながら、ドール服を縫っております。

みんな元気で、ノンビリそれぞれ過ごすのが、
何より平和。
GW、東京はどこへ行っても人がたくさん。
この下町で、ゆっくり過ごすのがいいと思う
ねずみなのでした。
2018年04月28日
いつも3月頃調子が悪くなるのですが、
今年は先週、やってきました。

めまいです。
どうして、この時期、こうなるのでしょう。
肩こりのせいか、気圧のせいか、
今年は、3日ほどかかりました。

まだ完全復活とは言えませんが、
用心しながら生活するねずみです。
皆様も、体調にはくれぐれも気をつけて
お過ごしくださいね。
2018年04月26日
子ねずみ兄が通う大学の学部は、
文学部史学科。
史学で外せないのは、古文書であります。

「古文書の辞書を揃えてねって先生がおっしゃったけん、
買ってくるわ。」と子ねずみ兄。
秋葉原のヨドバシカメラの上の書店に寄り、
買ってくると言ったものの、在庫がなかったよう。
で、東京駅の丸善に寄って帰ってきたものの、
複雑な表情。

「辞書、あったの?」と聞くと
「あ、うん。あったは、あったけど・・。
一冊16000円くらいするんよ。
で、それが30巻くらいあるんよ。
全部買ったら、30万以上するんよ。」

えーっ!?
それは大変。

「仕方ないから、課題、大学の図書館でやってくるわ。」

すごいねぇ。
専門書って高いんだねぇ。

それを聞いていた子ねずみ妹。
「国会図書館に行って来ればいいじゃん。
もう18歳以上だから、行けるでしょっ。」

なんだか、スケールの大きな話になってきた
古文書問題なのでありました。
2018年04月24日
最近、相変わらず政治が騒がしく
「謝罪」の場面が続いておりますが・・。

子ねずみ妹、今朝のニュースを見て
憤慨しておりました。
「謝罪、謝罪って、いつも思うんだけど、
子どもが窓ガラス割って『謝罪します』って
言えば、それで誤ったことになる?
ならないよね!?
政治家の人だって『謝罪いたします』の言葉の後には、
やっぱり、ちゃんと『ごめんなさい』だよねっ!」

そしてテレビの中の方々が
「謝罪いたします。」と言うと
「ごめんなさい、は?!」
と突っ込んでいた子ねずみ妹なのでした・・。
2018年04月16日
子ねずみ妹の学校は、
美術が好きな生徒が集まっているからか、
大変個性的。

新しいクラスメートの自己紹介も、
かなりインパクト大。

「今日はね。『私の好きなものはヒゲです』って人がいたよ。
『スペイン人のようなヒゲが好きで、
将来スペインの人と結婚したいので、
二年前から、スペイン語を勉強しています』だって。」

「今日はね。『将来なりたいものはクラゲです』って人がいたよ。
『生まれ変わったら、まずかわいいクラゲになって、
その次に生まれ変わる時にはアイドルになるんだ』だって。」

子ねずみ妹のコメント
「なんで、最初からアイドルじゃないのかな~。」

子ねずみ妹も十分変わってますが、
それ以上面白そうなクラスメート達なのでした。
2018年04月12日
今週から、子ねずみ達の学校が始まりました。
いよいよ新しい日常の始まりです。

社交的な子ねずみ兄は、
お友達も何人か出来、
ラインで待ち合わせて、
学校の諸々を打ち合わせたり、ご飯を食べたり。

全然社交的ではない子ねずみ妹は、
校舎も同じ、ほとんどの同級生も同じでありながら、
まだクラスでは仲良く話せるお友達がいない様子。
お弁当も、下校も、
以前の仲の良かった他クラスのお友達と一緒。

同じ母から生まれても、
こんなにも違うものなんですな。

ねずみはというと、
まだ全然エンジンはかからず。
子ども達から頼まれたミニバックや、
体育館シューズ入れ作りも、遅々として進まず。

同じ境遇の母たちのツイッターを見て、
全然ミシンに触れないとの嘆きに、
「そうそう」と共感したりして。

でも、日常は始まりました。
そろそろねずみも頑張ろうかな、と思い始めています。
2018年04月04日
ねずみ、この春
英会話のラジオ講座を聴き始めました。

東京には、たくさんの外国の方がおられ、
時々話しかけられますが、
どういっていいか解らず、
いつもアタフタ。
英語が話せればいいのになぁ・・というのは、
若いころからの夢。

何も会社に入りたいとか、
そういうのではなくて、
乗り換えの案内とか、いいお天気ですね、とか
どこからいらしたんですか?とか、
本当におばちゃんの簡単な会話が出来れば、
楽しいだろうな・・というレベル。
なので、とりあえず、ラジオ講座のテキストを500円で買い、
さぁ、聴くぞ!とラジオの周波数を合わせたのですが・・。

入らん。電波が、入らない。

むむむ。
それではPCで聞こうではないか。
ということで、翌日PCの前でスタンバイ。

始まった、始まった♪
これは、いいぞ。
と、最初の会話をリピートしたところで、PCフリーズ。
あらん。まだ3分しか聞いてない(泣)
そうこうしているうちに10分の番組は終了。
何も聴けませんでした(笑)

むむむ。
ではでは、900円払ってダウンロードだ!
これなら、いつでも聴けるもんね。

で、ダウンロードチケットを買ってきて、
ダウンロードに四苦八苦すること一時間。
ようやっと聴くことが出来ました。

なんだか、最初の「Hi」にたどりつくまで、
大変だった英会話であります。
2018年04月01日
今日は子ねずみ兄の
大学の入学式でした。

「大学の入学式に親が行くの?」
と思っていましたが、
周りのママも行くとおっしゃるし、
何より息子が「一緒に行こうよ。」と言うので、
ねずみだけ、同行しました。

まぁ、規模が違うこと。
中学や高校と違って、入学生が多く、
学部によって午前と午後にわかれて開催。
場所もキャンパスのある品川ではなく、
埼玉キャンパスで行われるとのことで、
遠いところまで行ってまいりました。

駅からは無料送迎バスがひっきりなしに発着し、
広いキャンパスには、
たくさんの人、人、人。
郷里の山口のような山や川がたくさん。
埼玉キャンパスには、
見たこともないくらいの桜がたくさん咲いていて、
それはそれは見事でした。

子ねずみ兄はというと、
私と一緒に行ったものの、
既に事前登校で出来たお友達と合流するとのことで、
現地では途中でいなくなり、
帰りは駅で待ち合わせ。
私は一人でゆっくり入学式とキャンパスを楽しみました。

新入生は、みんな真面目にきちんとしたスーツ。
まだまだあどけなさが残る感じ。
その中で、誘導や、会場整理する大学生は、
シャキッとした大人な対応で、
ほれぼれする感じでした。

あぁ、とうとう、子ねずみ兄も、
大学生になるのね。
なんだか、そんな自覚を親が持ててよかったです(笑)

子ねずみ兄は、もう明日から、
ばっちり通学。
春休みもすっかり終わりです。
新しい春が始まろうとしている
ねずみ一家なのでした。
2018年03月30日
世田谷美術館というところで、
開催中の「パリジェンヌ展」に
子ねずみ妹が行くというので、同行しました。

この世田谷美術館、
ちょっと駅から遠くてアクセスが悪いんです。
パスに乗ったものの、道路は混雑していて、
なかなか進まず。
15分くらいで着くところ、
30分はかかったでしょうか。
そのかわり、素敵な公園の中にあります。
たくさんの桜が真っ盛り。
西日がとても美しく映えました。

「パリジェンヌ展」自体は、
こじんまりした展覧会でしたが、
絵画だけではなく、
250年前のドレスや、
100年前のオートクチュールも展示されていて、
こちらが私には興味深々。
細かい造作や、手作りのアンティークレース、
裾上げの仕方など、じっくり見たいのに、
展示は暗く、私の眼は悪く、
ルーペを持っていけばよかったと後悔しました。
でも、美しい手仕事を見られて良かったです。
命の洗濯ですね~。

帰りは子ねずみ妹と、
住宅街をぶらぶら歩いて駅まで帰りました。
その住宅街が、なんとも素敵。
どのおうちもヨーロッパのような建物。
新しい街なのかな~。

夕方から出かけたので、
帰りはもう満月が出ていて、
ちょっと夜遊び気分。
帰りにショッピングもして、
とても楽しめた美術展でした。
2018年03月30日
5月26日(土)
リカちゃんキャッスル大宮
にて、ディーラー参加致します。

場所はソニックシティです。

久しぶりのリカちゃんキャッスルの
ディーラー参加、とても楽しみです。

詳細はWhats Newのイベント参加情報にて
解り次第お知らせいたします。

ねずみの仕立てや

2018年03月29日
ねずみ一家、やっと穏やかな春を迎えました。

子ねずみ兄の部活もなく、
お弁当作りもお休み。
仕事の連れねずみ君を送り出せば、
後はうららかな春。

行けなかった銀行や、
書けなかった書類などを
書いたり、冬物を片付けたり。
子ねずみ妹も、
ミニ家政婦として大活躍。

こんなに穏やかな春は
何年ぶりでしょう。
大変なこともたくさんあったし、
今からも、たくさんあると思うけれど、
今は、この春を楽しんで、
感謝しようと思うねずみでした。
2018年03月20日
子ねずみ妹が中学を卒業いたしました。
といっても、
そのまま付属の高校に上がるので、
お友達もみんな一緒ですし、校舎も同じ。

母としても
「あ~とても濃い3年間だったな~」と思うとともに
「また、大変な3年間が始まるんだな~」とシミジミ。
お母さん同士のご挨拶も
「高校生になってもよろしくお願いします。」が定番(笑)

びっくりしたのは、美術を大切にする学校だけあって、
卒業証書ホルダーは見たこともない格調高き織物仕様。
卒業証書は校章を浮き押ししたものに、
書道家の先生による手書きの文字。
卒業記念品は鹿皮に漆にて文様が描かれた
工芸品のハンコ入れと小銭入れ。
そしてキハチのバームクーヘン。
私が欲しいぞ。

何が宝物と言えば、
子ねずみ妹が、好きな絵に、苦しみ、楽しみ、もがき、
そして、それを一緒に共有していた時間でしょうか。
新鮮な驚き、楽しい思い出や、共に過ごした時間は
この中学でしか得られないものでした。
また、来月から(早っ)頑張りましょう。

とはいえ、子ねずみ妹には、結構な量の宿題が。
「高校に上がる休みに、この宿題はないでしょ~!!」
とぶぅたれる子ねずみ妹。
彼女には、はや高校の労苦が始まっているようです(笑)
2018年03月16日
子ねずみ達は3学年違いなので、
この春、
兄は大学進学、妹は高校進学になります。

あんなに小さかったのにね~。
いつも手元にいて、
私の回りをわちゃわちゃと走り回り、
目の届くところにいた感じでしたが、
このところ、二人とも、
ぐっと行動範囲や、行動の幅が広がり、
ぐんぐんと離れていく感じがします。

寂しいとおもう反面、
でも、それが出来るのも、
私の回りを飛び回っていたからこそ、
そして、いつも戻ってこれると思っているからこそ、
・・・なのかな?
そうならいいな、と思います。

新しい春。
さぁ、ねずみも新しい気持ちで、
一歩踏み出すことにしましょう。

どうぞ、皆様にも、
新しい春が穏やかな希望に満ちたものでありますよう。

2018年03月13日
このところ、森友学園の文書書き換え問題で、
ずっとテレビは賑わっておりますが。

きっと、テレビに出てくるような人々は、
今、とてもストレスフルなのではないかと思います。
どんな気持ちなんでしょう。

もし、文書の書き換えをしたとしたら、
その文書を書き換えた人々は、
その経過を知りえる人々は、どんな気持ちだったのか、
そして、今どんな気持ちなんでしょう。

ねずみも以前国家公務員だったので、
決済文書を作ることも、たびたびありましたが、
決済後の文書を変えるなんてこと、
考えたこともなかったし、
それがどんなにいけないことか、知っています。

あぁ、どんな気持ちなんだろう。
そう思うと、胸が締め付けられるよう。

まるで、嘘を一つついてしまった小学生が、
にっちもさっちもいかなくなって、
どんどん嘘をついて、どうにもならなくなった、
そんな気持ち?

真実、誠実、正直、
そんな小さなことの積み重ね。
人に大切なことは、結局のところ、
そういうことなのかも知れない、
テレビを見て、ぼんやりと思うねずみなのでした。
2018年03月12日
やっとこさ、子ねずみ兄の
春からの進路が決まりました。

小さなノンビリした大学のようですが、
歴史があり、史学科が有名なので、
史学がやりたい子ねずみ兄には、
「ちょうど、ええ」大学にて、
大学生となることに、相なりました。

まぁ、そうなると、
羽がぐんぐん伸びて、
まず、睡眠負債を取り返すかのように、
昼まではグーグー寝て、ゲームをやり、
お友達と出かけまくり、ピアノを弾いたりして、
受験生の憂鬱など嘘のように、元気な兄。

お友達は、そうそうたるところに皆様ご進学。
「アンタ、気にならないの?」と聞きましたが、
子ねずみ兄は、実にさっぱりしたもので
「え?気にならんよ。僕、別に行きたくない大学に
決まった訳じゃないし。僕は僕だし。」
と爽やかにお友達の合格も喜んでいる様子。
ま、そこがこの子のいいところだね。

ご心配をおかけしていた皆さまには、
心より感謝申し上げます。

子ねずみ妹も、今週末、無事に卒業式を終えられそうです。
こちらのお話は、また次回(笑)
2018年03月06日
昨夜、大学一年生のお子様を持つお母さまと
一杯やる機会がありました。

そのお話を聞くと、
アルバイトをガンガンに入れて、
履修も土曜日までバッチリ入り、
一日顔を見られない日もあるとのこと。
大学生になったら、
本当に忙しくて、もう親の出番なんてないのよ・・
とのお話でした。

そんなものなんだ~。
このところ、なんやかんやと、
急に活動的になり、夜もお友達と会ったりして、
遅く帰る子ねずみ兄を心配していましたが、
それを聞いて、一安心。
これが、普通なのね。

そのお母さまの言うところでは
「生きてりゃ、それでいいのよ。」
そこまで、手を離せるか自信はないのですが、
でも、少し手を離そうかな。

いつかは自立して出て行く子ども達。
いつ、どのくらい手を離していいのか、
いつまでたっても、子育ては試行錯誤だと思う、
今日この頃です。
2018年02月25日
子ねずみ妹の学校の美術の先生が
「信じて頑張れば、大抵のことは叶う。」
とおっしゃったのだそうな。

その通り。
どうにもならないことも、
信じて頑張れば、違う形で叶うこともある。
つまり、信じること、
そして、頑張ること、
これが大切。
ねずみも、深く共感いたします。

で、次からの話が子ねずみ妹の本題。

子ねずみ妹のクラスメートが
美術の先生に質問したんだそうな。
「先生、吸血鬼っていると思いますか。
私、吸血鬼になりたいんです。」

先生「○○さんは、吸血鬼は本当にいると思う?」
〇〇さん「はいっ!絶対いると思うんです。
そして、私、絶対に吸血鬼になりたいんです。」
先生、微笑んでおっしゃったそうな。
「そう、じゃあ、頑張れば、きっとなれるよ。」

真剣に問うクラスメートと、
温かく答える先生の姿が目に浮かぶようです。
夢やその子の真実を壊さない先生が、
とても素敵だな、と思ったねずみでした。
2018年02月23日
子ねずみ兄。
受験期で大きな弊害が。
それは、肥満。

部活も引退し、自宅学習のため通学もなく、
家に籠ること2か月。
食欲だけは変わりなく、
そして・・・みるみるぽっちゃり君に(笑)

そこで、先週から
通学する子ねずみ妹と一緒に家を出て、
通学定期を使って地下鉄を4駅乗り、
自宅まで歩いて帰るという修行を始めました。
私が歩くと一時間半はかかるコース。

きっと1日2日で根を上げるだろうと
思っていたら、
先日の雪の日も、雨の日も、
休むことなく続けております。

そうすると、そこそこダメになっていた靴が
ついにダメになってきたようで
「もう、靴がダメ見たい。
かかとが外れ始めたし、雨も入ってくる~」
との訴え。

それを聞いていた連れねずみが
「そんなの、もう大人なんだから自分でなんとかしろ」
(自分のお金で買いに行きなさい・・という意味)と
言うと、子ねずみ兄
「ええーっ。僕、靴は直せんよ~。
職人じゃないもん~。」

一同ずっこけました。
どこまでも、素直な子ねずみ兄です。
2018年02月21日
第一志望の大学には、残念ながら
不合格だった子ねずみ兄。

他に2つ合格をいただいたので、
もう、どちらかでいいのではないか?と思うのですが、
第一志望の大学の中期試験に
チャレンジするといいます。

・・・。
もう、いいんでないの?
受験料や、押さえの入学金、物入りになるので
ねずみ、素直に応援出来ません。
そんなにまでして、そこに行きたいの?
ただ、単にチャレンジしたいだけじゃないの?
中期試験は20倍を軽く超える倍率。

それでも必死に頑張るなら、まだいいのですが、
一度合格して、ゆる~くなった気持ちを立て直すのは、
とても大変なようで、
ノンビリしてるなぁ・・と見えてイライラ。
昔は、一回きりの合否だったけど、
最近はいろんな方式に、いろんな日程があって、
自分で見切りをつけるのも難しい。

なんだかなぁ。
大学受験、昔のほうが、すっきりさっぱり、
いろんなことがハッキリしてたような気がします。
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 66 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス